ウェルスナビ

スポンサーリンク

初めて株を売買して、その値動きに翻弄される体験をたくさんしました。IHIとマツダの体験談はこちらをどうぞ。

当時自分が持っていた銘柄のうちIHIが値上がり。もっと待って大儲けを企むか、手放して小さく儲けるか。そのとき初心者takが下した決断とは。
買った直後に下がったマツダ株ですが、2ヶ月ほど待つとグングン上がり始めました。欲望と理性の葛藤、そして・・・(というほど大げさな話ではありません)

それで「株って難しすぎるな」と思っていたときにたまたま出会ったのが「ウェルスナビ」というサービスです。一人で株を選んで売買して・・・ということをするよりは手数料がかかりますが、初心者が適当に売買して大損してしまうのに比べると安心感があります。また、ウェルスナビを通じて勉強のきっかけにもなります。

日本株の値動きに翻弄されまくっていた頃にSNSで流れてきた広告「ウェルスナビ」。ここから私の投資状況は大きく変わっていきました。まずはウェルスナビとの出会いを軽くまとめます。
ウェルスナビを紹介していきます。まずはウェルスナビに入金したときに購入される「ETF」とは何ぞや?という記事です。初心者目線です。
分散投資を考える上で大切な「アセットアロケーション」と「ポートフォリオ」という概念を学んだのでまとめておきます。初心者の人のお役に立てるといいんですが。
分散投資が大切!という情報はどこにでも流れていますが「大切」とは具体的にどのようなことなのか、身をもって体験することができました。株だけを持っていたら「下がった~!」と焦りそうなときに私を助けてくれたのは債券と金(ゴールド)でした。
ウェルスナビのリバランスは、あるタイミングで定期的に自動的に行われます。とても軽やかに、静かに・・・。自分でやるとしたら結構面倒だなあと思いました。
ウェルスナビの手数料に「長期割」登場です。投資についてあまり考えたくない場合は全部お任せできてしまうので、割引があるとありがたいですね。
ウェルスナビでは各人のリスク許容度に応じて最適ポートフォリオが組まれますが、それは定期的に見直しされるようです。今回初めてそのお知らせをいただきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする