FXで確定した利益を寄付に回すなど

米国株初心者takです。

あまり短期で売買しないので、ほとんどの数値が含み損・含み益の状態です。ETFの分配金はドルで入ってきますが、それは新しいドル転と合わせて次のETFを購入する資金になっています。

そんなわけで、投資しているからといって使う金額が増えたりということはないのですが、唯一の例外がFXなんですよね。



FXは絶賛含み損

現在、FXには200万円程度の元手を投入して、レバレッジ3倍程度で運用しています。

基本的には「ドル円のロング」のみで、細かな値動きを拾ってキャピタルゲインを得るというスタンスです。

ただ、上がると思ったところで下がっていって塩漬け状態になっているポジションがいま結構あるので、現実に毎日動かせるポジションはごくわずかです。この辺、株の短期売買と同じような感覚なんでしょうか。例えば2000ドルのロングポジションを立て、0.1円上昇したところで決済して200円の利益を確定する・・・というようなことをちまちまやっています。たまに塩漬けポジションが決済されてスワップポイントが5000円ぐらい入ってきたりします。

そんなわけで、今年に入ってから5万円ぐらいの利益確定をしましたが、一方で含み損が12万円ぐらいあるのが現状です。そのうち円安になるか、またはスワップポイントがたまっていって帳消しになるのを待っている感じですね。

たまった利益で寄付したりしている

投資においては「複利効果を狙う」というのが原則なのですが、せっかく使いやすい「円」の形で小銭が貯まっていっているので、別のことに使ってみたいと思うようになりました。端的に言うと「寄付」「自分への投資」の類です。

というわけで最近、FX口座から円を出金して、数件の「寄付」を行いました。法的に定められた「寄付」とは違って、例えばクラウドファンディングの形態だったりするのですが。

クラウドファンディングって、画期的な新製品を思いついたからそれを作る資金を・・・というタイプのものと、誰も目を向けていない社会問題に取り組んでいるのだが活動に必要な資金を・・・というタイプのものと、2つあるような感じがします。

例えばMakuakeのサイトを見てみますと、

こんな感じです。

私はわりとクラウドファンディングが好きで、どちらのタイプにもちょこちょこ出資しているのですが、このたび「社会問題タイプ」のものに少し出資しました。

なぜか気分がいい

今までは給与から直接クラウドファンディングに出資していたのですが、それに比べるとなぜか少し気分がいいんですよね。「このプロジェクトのために自分が汗をかいた」というような意識が少し生まれるからでしょうか。実際は汗をかいたわけではなくて、単にお金をリスクにさらしているだけですが・・・(しかも含み損の方が大きいという)。

自分の中で、FXというのはどこかパチンコと似た「あぶく銭」に分類されているのかもしれません。それを、自分が価値があると信じるものに投入する。このアンバランスさがなかなか面白いです。

今のところほとんど唯一、円で気軽に取り出せるのがFXなので、また何かいいのを見つけたら出資してみようと思っています。しかし含み損は解消するんだろうか・・・。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ランキングに参加しています。応援いただけると嬉しいです。


こちらにも