CEO自らバカッターをしてしまうとは

米国株初心者takです。

テスラ社のイーロン・マスクCEOが「テスラは経営破綻した」というエイプリルフールのツイートをしたところ、一時テスラの株価が急落したとのことですね。

出典: google検索

事故やリコール(回収・無償修理)にも強気の姿勢を崩さないイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はエープリルフールの1日に「テスラは破綻した」とのジョークをツイッターに投稿したが、投資家心理が悪化して2日の米株式市場でテスラ株は急落した。

出典: https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28923180T00C18A4TI1000/



最近のテスラは悪材料だらけとのこと

ちょろっと調べたところでは、最近いろいろあったみたいですね。

  • 「モデルX」が自動運転支援機能を使っているときに衝突死亡事故を起こした
  • 「モデルS」12万3000台をリコールする
  • 「モデル3」の生産台数引き上げ目標がなかなか達成できない

個人的な印象では、やはり衝突死亡事故はまずいような気がするのですが、その他の要因も資金的な面での問題につながりますね。そういったことから、テスラの株価はこのところ(数ヶ月~1年ぐらいのスパンで)下落傾向にあったようです。

そこに持ってきてCEOのブラックジョーク。まさか信じ込んで狼狽売りしたという人はそう多くないでしょうから、多分「ジョークにしても言っていいことと悪いことがあるだろ」とか思った人が多いんですかね?そこもよく分かりませんが。

イーロン・マスクってすごい人

ところでイーロン・マスクってどんな人なのか?と思って何気なくwikipediaなど調べてみますと、すごすぎる人ですね。

出身はアメリカではなくて南アフリカ共和国。アメリカへの移住を希望して、母親の出身地であるカナダを経由してアメリカへ。奨学金を受けてペンシルバニア大学へ通いました。

スタンフォード大学大学院に進学するも2日で退学(なぜ進学したのだろう・・・)。その後はご存知Paypalの前身となる会社を設立、またスペースX社を設立。さらに電気自動車のテスラに出資した上で2008年に会長兼CEOに就任した、とのことです。

スペースXと言えば、今年になって「新型ロケットの打ち上げ成功」というニュースで見かけましたね。しかもそのロケットからはテスラ社のスポーツカーが射出されて、現在宇宙空間を疾走しているとか。

ちなみにその打ち上げの様子のプロモーションビデオ?的なものはこちらです。提供はスペースX社です。スポーツカーも面白いですが、それよりも3基のロケットブースターが再び地球に戻ってきて着陸するというコンセプトがすさまじいですね。

実際の映像はこちらです(提供:同社)。実際にロケットブースター2基が着陸する様子が出てきます。すごすぎますね。

個人的には、随分夢のある、スケールの大きなことをする人だなと思いましたが、まあ会社の業績とは必ずしも直結しないということなんですかね。夢のある会社には成功してほしいです(でも怖くて株は買えません)。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ランキングに参加しています。応援いただけると嬉しいです。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする