楽天カードの残高不足を1週間放置した私の末路・・・

米国株初心者takです。

ちょっと「盛った」タイトルにしてしまいました。実際には末路と言うほどのことはありませんでしたが、今後の反省に活かすためにも顛末を記しておきたいと思います。

私がメインで使っている楽天カード、2/27(火)に引き落とし予定だったのですが、うっかり残高不足となりました。その後・・・!


自動再振替サービスがある

楽天カードには(たぶん他のカードもでしょうが)、残高不足のときに自動で再引き落としをしてくれるサービスがあります。

公式サイトの説明によると、本来の支払日の翌日から4営業日連続で再引き落としを試みてくれるとのこと。

これに気づいたのが3/2(金)!つまり本来の支払日の翌日から数えて3営業日めです。何とか間に合った~とお金を入れて待ちました。ところが翌日になっても引き落としがなされない。どういうことか?と不安になりました。

ちょうどその頃、楽天カードのシステム障害が起きて、解消するのは3/5(月)くらいになる見込みというニュースが流れていました。

クレジットカード大手の楽天カードは3日、システム障害の影響で、カードでお金を借りるキャッシングなど一部の機能が利用できなくなっていると発表した。前月の利用分を銀行口座から引き落としたという情報も正常に登録できていないため、限度額に抵触しカードを利用できなくなっている顧客もいるという。

(中略)

カード支払いのトラブルが解消するのは3日深夜とみられ、週明けの5日中には全面的にシステムが復旧するメドがたったという。

出典: https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27672030T00C18A3I00000/

ですので、このせいで私の再引き落としもうまくいってないのかな?と思いました。

違ってた

そして週明け3/5(月)を迎えても微動だにしない銀行残高・・・。もしかして再引き落としにも間に合わなかったのか?でも「4営業日め」は3/5(月)のはずなのになぜ?と思ってもう一度楽天カードのサイトを見てみました。

すると!なんということでしょう。再引き落としサービスの対象となる銀行は限られており、私の使っている銀行はそこから漏れているではありませんか。これはまずいです。震える手でコールセンターに電話するが「混み合っております」でつながらない!薄れゆく意識の中、「自動音声専用ダイヤル」にかけると・・・かかりました。

結論からいうと、この自動音声専用ダイヤルで用件は済みました。カード番号や支払うべき金額、支払う日あたりをプッシュホンで入力すると、振込先と金額が告げられるので、それをメモって振り込めばおしまいです。

結果的にまる1週間の延滞となってしまいました。しっかりと「遅延損害金」が加算されていました。

信用情報に傷がつくのか?

ちょっと恐ろしいのは、信用情報(いわゆるクレヒス?)に傷が付いてしまうのか?という点です。これに関してはネットをいろいろ調べた範囲では、だいたいこんな感じです。

  • 通常は61日以上延滞した時点で信用機関に載る
  • ただし延滞を繰り返していると延滞初日で載ることもある
  • カード会社の社内システムには初日から延滞事実が載り、半永久的に残るだろう

といったようなことでした。く~~~~。無念です。

今回こういった事態になってしまったのは、給与振り込みの口座にはあまり残金を残さずに、利率の高い楽天銀行にお金を移す習慣があったからなのですが・・・。計算に入れ忘れていた引き落としがあったためにこのようなことになってしまいました。今月からはもう少し余裕を持たせてお金を残すことにします。皆さんもお気をつけください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ランキングに参加しています。応援いただけると嬉しいです。