痛恨!○○年分の利息を一気に失った!

米国株初心者takです。

はい、またちょっと大げさなタイトルをつけてしまいましたが、実際ちょっと血の気が引いてしまったんですよ。

先日の日曜日、生活費を下ろそうかなと思って銀行のATMに行きました。いつも通りの操作をすると「時間外手数料がかかります」との表示。ただ、私はこの銀行に給与を振り込む設定にしているので、特別サービスで時間外手数料ゼロになるはずなのです。今までも土日に下ろすのが普通でしたが手数料はかかりませんでした。

ただ、何となくいつもとメッセージの文字列が違っているような気もしました。しかし下ろさなければ生活が苦しい(爆)ので、一抹の不安を覚えつつも了解ボタンを押しました。すると・・・。


暴利!手数料108円!

画面には「手数料108円」の表示が・・・。

そんなまさか!手数料無料のサービスはどこへ消えたの!

としばし呆然。

ここで「取り消し」ボタンとかがあれば良かったのですが、なんと取り消しボタンがない!ひどすぎませんかこれ?例えば「手数料がかかる→OK」と思ったとしても「手数料が108円→いや、それはやっぱりやめよう」と思う人がいても不思議ではないと思うんですが。

そりゃまあATMの上の方にシールで貼ってありますけども、色んな設定があるので読み間違いをするということもあるでしょうし。単純に画面に手数料を表示したあとで取り消せるようにしてくれれば済むだけの話なのに、なぜこんなだまし討ちみたいな方法を採るのでしょうか。

後ろに人が並んでいたのでやむを得ず了解ボタンを押して現金を引き出しましたが、何ともはや痛恨の極みです。

108円稼ぐには

投資のベテランならば感覚的に身についているのでしょうけど、私は初心者なので計算しないとよく分かりません。というわけで簡易的に計算してみました。

この銀行の利息は年利0.001%(目を疑いましたが事実です)。さらに利息には国税・地方税・復興特別所得税が合計20.315%かかるはずです。

ということは、仮に1年で108円稼ぐには、

108 ÷ (0.001% × 79.685%) ≒ 1,355,337円

を寝かせておかないといけないわけです。ちなみに復興特別所得税がない場合は

108 ÷ (0.001% × 80%) = 1,350,000円

となります。わずかな税率ですが、預けるお金は5,000円以上違うんですね。

まあ実際には利息が入るは年に1回ではないので若干の複利効果はあるでしょうか、それこそ雀の涙、いやノミの涙ぐらいでしょうか。ほとんど計算には影響ないでしょう。

ともかく135万円ものお金を1年間じっと預けて寝かせてようやく稼げるお金、それが108円です。それを一瞬の判断ミスで失ってしまった・・・。言うなれば年収1年分を吹き飛ばしてしまったようなものです。血圧が上がります。

実際はそれどころでない含み損を出している

このようにうろたえてしまったわけですが、実際は今年に入ってからの各種暴落イベントによってそこそこの(10万円単位の)含み損を出してしまっています。

まあこれだけ「暴落」とささやかれながらも10万円単位で済んでいるというのは、まだまだ投資額が少ないということなんでしょうね。今すぐお金が必要となると含み損を確定させないといけないので本当に血圧が上下するでしょうが、そういうお金を使っているわけではないので、顔は曇りますがまあ何とか平静を保って生活しています。

毎月10~20万円程度ETFを買うことにしてはいるのですが、果たして今月買うべきかなあ?ドルを買うだけにしておいた方がよくないかな?と思ったりしています。

ところで今回手数料がかかってしまったのは、先月末の残高が少なかったからのようでした。前回、楽天カードの残高不足を出してしまった記事にも書きましたが、私はこの銀行の口座にあまりお金を残さず、楽天銀行に移す習性があったんですね。それをギリギリまでやりすぎたためにこんなことになってしまいました。もう少し余裕のある運用を心がけるとします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ランキングに参加しています。応援いただけると嬉しいです。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする